Top page  1/57
30
2018

私の宝物

CATEGORY ぼやき。


ふー。
とてもいい気分。
久しぶりに執筆作業をしました
うちゃたんです。..:* ☆.。.:




79132666.jpg





趣味は、自分の物語を書く事です。
でも、製作ノートを無くしてしまってから
気持ちが盛り上がらなくて
書けずにいました。



本当にどこ行っちゃったんだろう。
マジ悔やまれます。



私の小説は、連載なので
長い長い。
あんな長いんじゃ、親しか読んでくれねーよ。
と思っていたので。




今回は、私の物語の
一話完結編を書いてみました。




これなら、気に入ってくれた人だけ
長編に行ってもらえるから
いいなと思って書きました。




私の物語は小説って言うか
なんだろうな。
アニメも大好きだから
漫画原作をイメージして書いている物。



だから、とても子供っぽくて
とても大人っぽいです+(o'∀'o)



内容は、薬の物語です。
人間には作れない、ある薬があって
その薬を作れる存在は、たった一人の半妖だけ。
その半妖が作った薬を飲むと、必ず夢を見ます。



その夢には、その人にとって
もっとも大事な”答え”が映し出される夢で
その半妖と出会った人たちは
たちまちに人生が変わって行く物語です。



私の物語は
私の宝物です☆ .:*゚



小説を書いている時は
不思議と首が左側に曲がります。
脳みその奥まで使おうと体ががんばっているみたい。



首が回ったり、笑ったり、泣いたり
しゃべったりしながら書いています。
めっちゃホラー。



良かったら、お暇な時
読み物がお好きでしたら
ぜひ読んでください♡



うちゃたんの小説へ



では、ごきげんよう。





ポチお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


22
2018

年上の人を馬鹿にする人の将来。

CATEGORY ぼやき。

冬が来た。
マライヤキャリーを歌いながら
楽しく働いて、ミスばかりしている
うちゃたんです☆お久しぶりです。





32235532.jpg




赤いマフラーをつけると
可愛い子になったような
気持ちになれます。



そんな時に限って
ボブだぜは
肝斑出来て来たんじゃない!?とか
うぜー事言ってきますが。
肝斑はまだ出来てないけど
確かに肌質的にこれから出来そうだなーって思います(';')




昔の思い出。
50代の女性と
10代の女の子がネット上で派手に喧嘩してて
それがおかしくて見てた。



若い子はしきりに
「おばさんのくせに」みたいな
攻撃をしかけていた。




結果的に勝利したのは
50代の方なんだけど。




その50代の方が言っていた
人の年齢を馬鹿する。そんな事言っているあなたも
すぐに、おばさんになるんですよって
言葉が今も強く残ってる。




人の年齢や、年上の人を馬鹿にする人って
本当に嫌ですよね。




こいつ、大人のくせに!って思う人もいますが。
あえて、年齢を馬鹿にしたり
お年よりを軽んじる
歴史を刻んだ人間を甘く見る
お前みたいなやつ出世できないぞーって思います。




「若い」それだけで
本当に可愛くて、超いいと思う。




でも、それだけが取り柄だと
将来なにもない。
ギスギスおばさんになっちゃうかも
しれないなって思います。




それ、まさに昔の私。
若さだけで、何もなかった。



だから、今も何もないよ。
かろうじて結婚して
どさくさに紛れて、楽ばかりしようとしてるけど。




やっぱり昔から真面目にやってきた人
将来の為、地道に土台を作ってきた人が
一番だよ。素晴らしいよ。




私もこれからは、ちょっとだけ
そうしてみる予定゚・*:.。. .。.:*・☆.


ポチお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


25
2018

人生で選べる事と、選べない事。

CATEGORY ぼやき。





今日はいつもと違う町へと
散歩に出かけた。




46453331.jpg





町っていっても
2.3本隣の道だけど
猫を連れていると、大げさに
いつもと違う町に感じるものだね。




私はここ数か月
すれ違う人に、笑顔で大きな声であいさつを
心掛けている。




この隣道でも
ペットを連れている人、見てくる方には
挨拶するようにした。




でも、少し離れただけで
町の雰囲気ってガラッと変わるものね。
ちょっとしたカルチャーショック。




なんか、暗くて
何で挨拶してくんの?って感じの
雰囲気でした(';')エヘヘ・・・
でもめげずに頑張ったけど。




よく、夫ボブだぜさんと話す事があるんですよ。




家を買ったり、学校へ行ったり。
人生は選べる事って沢山あるじゃないですか。




どの家にしようかな?
どんなお友達を作ろうかな?




でも、隣人とかは選べない。
住んでみないとわからない。
ここがめっちゃ怖いよねって。




学校でも、お母さんは
子供が楽しそうにしてくれるととても嬉しい。
でもお母さん同士が合わなかったりも
きっとあると思う。




これは、もう運が悪かったとしか
言いようがないのかもしれないけど
今悩んでいる方には
自分の人生だって事忘れないで
暗い気持ちに覆われないで
happyを求め続けてほしいって思います。




努力して、状況が変わる事も沢山あるけど
出来たら普通の感覚の方
されたら嬉しい事、嫌な事
このシンプルな事がわかる人と
過ごして行きたいですよね。




我が家の町は
本当に平和だと改めて思った。




家に帰ると
玄関に「食べてくだせー」って
お芋が置いてある事もある。




おーめっちゃ田舎やんけって感じで
とっても嬉しかった:。*゜+ ゚・



1548.jpg



そのお芋で
お芋ごはんを炊きました。




栗っぽいお芋でホクホクしてました。
母にもおすそ分け
相変わらず親孝行な娘うちゃたんでした(*'▽')




ポチお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村



スポンサーリンク